技術開発

印刷する

作業の安全性向上と作業の効率化

高所や開口部及び騒音環境下等の作業での安全性の向上と作業の効率化を目指した技術開発を行っています。これを通じて、現場作業の安全確保と負担軽減を図っています。

循環水配管内足場

循環水配管足場は、数m~数10mの高低差がある大口径循環水配管内部の点検作業用足場です。

循環水配管内足場

復水器水室内足場

復水器水室内足場は、原子力発電所の復水器水室内部の点検・清掃などに使用します。これにより、復水器水室内でのクリティカル作業を迅速に行うことができます。

復水器水室内足場

異物混入防止手摺

使用済燃料プールからプール水が飛散することを防ぐため、プール内への異物混入防止とプール水の飛散防止を目的とした構造の手摺の開発を行いました。

  • 手摺設置イメージ▲手摺設置イメージ
  • 手摺設置状況▲異物混入防止手摺コーナー部

APDバイブユニット

発電所建屋内の高騒音環境下での作業では、APD(警報付きポケット線量計)の警報が発報しても作業員が気付かず、計画線量を超過してしまう可能性があります。本装置は、APDアラーム警報音の信号を検知し、バイブレータを作動させると同時にLEDを点滅させ、作業員に警報が発報されたことを確実に知らせます。

APDバイブユニット