技術開発

印刷する

点検・調査に係る工法開発・サービスの提供

原子力施設や各種プラントで実施される様々な点検・調査作業を機械化・遠隔化した装置及び工法に関する技術開発を行っています。特に、遠隔化技術は福島第一原子力発電所の廃止措置に不可欠な技術であり、種々のロボットを活用した調査機器、更には作業機器の開発に取り組んでいます。また、設備工事の各種研修を通じてメンテナンスサービスの充実を図ってまいります。

ROVシステム

本システムは、ROV(Remotely Operated Vehicle)に種々のオプションを取り付けて、遠隔操作で水中作業を行うものです。オプションとして、カメラ、清掃治具、クラッドやゴミ等の回収治具等を取り付けることが可能です。

小型ROV▲小型ROV

小型水中点検・清掃装置

プールやタンクなどの底部に堆積したスラッジやゴミ等を遠隔操作により回収しながら、搭載したカメラで点検を行う装置です。小型クローラの採用により、装置全体の小型化を実現し、狭小な水路やプールでの点検が可能です。

走行駆動部図▲走行駆動部図

プラントメンテナンスサービスの提供

プラント設備機器の点検・保守サービスを提供しています。技術開発センターでは、それらのサービスのサポートを目的とした各種のメンテナンス研修を通して、技術の伝承及び技量の向上を図っています。

  • タービンの分解・点検▲タービンの分解・点検
  • 非破壊検査(超音波探傷検査)▲非破壊検査(超音波探傷検査)