新着情報

印刷する

2016年7月21日
『第24回アトックス技術発表会』を7月12日に開催
-柏市の株式会社アトックス技術開発センター 及び
               東葛テクノプラザにおいて-

 2016年7月12日、株式会社アトックスは『第24回アトックス技術発表会』を開催しました。  福島原発事故から5年がすぎ、福島復興に関する諸活動、及び放射線・RI取扱施設の廃止措置が着実に進捗しつつある状況のもと、『創意工夫と新たな挑戦で、一段高いソリューションの提供を!』のスローガンを掲げて、千葉県柏市のアトックス技術開発センターと東葛テクノプラザでの開催となりました。

 発表会では、アトックス社員をはじめ、グローブシップ㈱などの関連会社、アトックス協力会会員、ANADEC(AREVAとの合弁会社)の関係者約200名が一堂に会して、情報共有・情報交換を行いました。

 午前中は、技術開発センターにおいて、福島第一原子力発電所への導入を目指して開発を進めている各種の作業用ロボット試作機のデモンストレーションなどを行い、参加者よりご意見をいただきました。
 午後は、「東葛テクノプラザ」多目的ホールに場所を移し、アトックスの事業所・営業所の現場で実施した原子力施設やRI施設のメンテナンスや廃止措置関連の工事技術、工法開発など4件の発表がありました。また、技術開発センターからは、午前中にデモを行った作業用ロボットの開発2件のほか、福島第一原発での線量率測定結果からの汚染分布の解析評価手法、及び廃止措置エンジニアリングシステムの構築状況について報告がありました。
 発表会や懇親会の場において活発な討論が行われ、有意義な一日となりました。


【東葛テクノプラザでの技術発表】
  • 1 ドローンを活用した発電所構内の調査技術
        矢口社長開会挨拶              矢口社長と技術発表の表彰者