新着情報

印刷する

2016年4月18日
2016年4月10、11日に福島県いわき市内のコンベンションホールで開催された「福島第一廃炉国際フォーラム」の『廃炉技術展』で 株式会社アトックスの廃炉関連技術開発の成果を紹介しました

 株式会社アトックスは、2016年4月10、11日に福島県いわき市内のコンベンションホールで開催された「第1回 福島第一廃炉国際フォーラム」のイベント『廃炉技術展』で、自社開発の小型遠隔除染装置RACCOONⅡ、国の委託事業であるサプレッションチェンバー内水位遠隔測定技術開発の成果、AREVA-アトックス-ANADECが連携して実施した国の研究開発プロジェクトなどの成果を紹介しました。
 このフォーラムは、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故発生から5年を迎えたこの春に、経済産業省資源エネルギー庁と原子力損害賠償・廃炉等支援機構が主催して開催されました。 国際原子力機関(IAEA)などの国際機関や国内外の関係機関や専門家、地元関係者などが一堂に会する廃炉分野における初めての国際的なフォーラムであり、15カ国から専門家など約600人(うち外国人は約100人)が参加し、当社からも10人が参加しました。
 『廃炉技術展』にはフォーラムセッションの休憩、昼食時などに大勢の方々が訪れ、当社のブースにも、国会議員、新聞・テレビなどマスコミ関係者、福島県の 関係者をはじめ、電力会社、研究機関、企業の廃炉関係者など、外国の方を含めて多数の方々に来場いただきました。特に、RACCOONⅡの除染ヘッドの実物展示と福島第一原子力発電所2号機1階の除染作業のビデオ放映を行ったロボット実演コーナーの当社ブースでは、熱心な質疑応答や意見交換が行われました。


  • 小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)
  •  小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)     小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)
小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)

  •  小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)                  小型遠隔除染装置RACCOONⅡの除染ヘッドの展示と説明の様子(ロボット実演コーナー)
                    国プロ等成果の展示             サプレッションチェンバー内水位遠隔測定技術の展示
       (AREVA/ATOX/ANADECブース)                 (福島県廃炉・ロボット技術研究会ブース)