新着情報

印刷する

2015年3月13日
『第23回アトックス技術発表会』を3月3日に開催
-柏市の技術開発センター及び東葛テクノプラザにおいて-

 2015年3月3日、『第23回アトックス技術発表会』を千葉県柏市の技術開発センター及び東葛テクノプラザにおいて開催しました。
 この発表会は、技術開発センターにおける技術開発や全国の事業所・営業所の現場で実施された原子力施設やRI施設のメンテナンスや廃止措置に関わる機器、工事技術、工法などの開発について、アトックス社員をはじめ、関係会社、アトックス協力会会員、ANADEC(AREVAとの合弁会社)の関係者が一堂に会して情報共有・情報交換を行い、今後の業務に水平展開を図るために開催しています。1992年に第1回を開催して以来、今回で23回目になります。
 午前は、技術開発センターで、福島復興に威力を発揮している小型遠隔除染ロボット、自律制御電動ヘリコプタ、作業ロボット、及び太陽電池モジュール検査ロボットのデモンストレーションを行い、参加者よりコメント・ご意見をいただきました。
 午後は、「東葛テクノプラザ」多目的ホールに場所を移し、8つの技術発表が行われました。まずANADECより福島復興に役立つ技術の紹介があり、続いて現場より、福島の水処理設備の保守・運転管理、大学の放射線施設の廃止措置、溶媒処理設備の設計・製作・据付作業について発表がありました。技術開発センターからは、福島のタンク内汚染拡大防止工法、タンク内底部洗浄装置開発、各種作業に必須な遮蔽計算業務の現状と展開、最後に国プロの汚染水処理対策検証事業の経過報告が行われ、活発な討論が行われ有意義な技術共有の場となりました。


  • 社長開催挨拶 小型遠隔除染装置
 「東葛テクノプラザ」ホールでの社長開会挨拶     小型遠隔除染装置RACCOONⅡのデモ 
  • gijyutu 技術発表メンバー 自立制御電動ヘリコプターのデモ
      技術発表メンバーと矢口社長           自律制御電動ヘリコプタのデモ