新着情報

印刷する

2014年10月15日
当社開発の原発対応の小型遠隔除染装置“RACCOON”が、経済産業省が実施している「第6回ロボット大賞」で優秀賞を受賞

 株式会社アトックスが開発した原発対応の小型遠隔除染装置“RACCOON(ラクーン)”が、「第6回ロボット大賞」(経済産業省・日本機械工業連合会 主催)への応募86件のうちの受賞10件の一つに選ばれ、「公共・特殊環境ロボット部門」の「優秀賞」を受賞いたしました。
 表彰式は、東京ビックサイトにて開催されている 『Japan Robot Week 2014』初日の10月15日午前に、特設会場のメインステージで行われました。
 10件の表彰式後に審査・運営委員会委員長より総評があり、当社開発の“RACCOON”に対しては、「除染作業を手がける事業者自らが現場で使えるシステムを志向して開発しており、昨年11月より東京電力・福島第一原子力発電所2号機建屋で運用され、除染作業においてクリティカルなミッションを達成して活躍している運用実績と公益性の高さが評価された」との受賞のポイントが説明されました。
 同日午後には、特別ステージでロボットの開発を担当した技術者より“RACCOON”のプレゼンテーションを15分間パワーポイントにより行いました。
 “RACCOON”は『Japan Robot Week 2014』の期間中(15~17日)、受賞ロボット10件合同展示ブースにおいて展示を行っており、映像とパネルでロボットの紹介を行っています。

表彰式での記念写真
 表彰状を持つ矢口敏和社長、盾を持つ藤川正剛常務と浦広幸部員

ロボット大賞受賞者と関係者の集合写真
当社登壇者は上段左から3~5人目

  • 壁面除染機 原子炉模擬ウェルでの除染試験の状況
合同展示ブースにおける“RACCOON”の紹介